人気ブログランキング |

2018年 11月 23日 ( 1 )

2018.10 ブログアクセス

いつも拙ブログにおいでくださり、有難うございます!
2018.10 ブログアクセス_f0250322_19383196.jpg


10月は大変残念なことではありますが、平川動物公園の事故により、過去にアップした平川動物公園のホワイトタイガーの記事にアクセスがたくさんなされました。
事故に遭われた担当飼育員さまのご冥福をお祈り申し上げます。

ホワイトタイガー舎には写真と、成長記録が丁寧に貼られていました。
動物園やサファリパークに行ったときには、必ず目に入るもの。
担当さんがどれだけ愛情を注いでいるか?、お客様に読んでいただくための努力、そういった気合いを感じられるものです。
掲示物を拝見して平川のホワイトタイガー一家は、幸せそうだなあ、
良い担当さんなんだろうなあ、と想像できました。

このような結果になってしまい、担当飼育員さまも、そして死に至らしめる行為をしてしまった「リク」が正直、気の毒で仕方ありませんでした。

この件について、いろいろな方に意見を求めました。
そして、その中から印象深い意見を聞くことができました。

「このことで、1番動揺しているのは、リク本人かもしれない」と。

「リクにしてみれば、嬉しくて、ほんの“じゃれつき”だったのに
その後、(担当飼育員が)動かなくなってしまったんですもんね・・・」

こういう事故はセンセーショナルに報道されて、本質的なことが見落とされ気味になってしまいます。
今回も「殺処分」の単語が出てきたときには、正直、ぞっとしたし悲しい気持ちになりました。
ご遺族から、「リクを殺処分にしないでほしい」とニュース報道があったとき・・・
「そうだよね・・・。やはり、そうだったよね。担当飼育員さんが、いかにホワイトタイガー一家を可愛がっていたか、愛していたか・・・それをよくご存じなのはご遺族の方々だものね」と、ほっとしました。

どこの施設でも決して好待遇とはいえない状況のなか、飼育に携わる方々は、ひとりで何種類もの子達の担当をして、頑張っておられます。
集中力にも、体力にも限界がある。
いつもは、そんなミスをおかすことのないのに、精神的肉体的疲労で、ヒューマンエラーも起きることでしょう。
事故にならなかったものの、実際に「やばかった」というお話は、耳にしたことはあります。

動物たちも人も、より良い環境で、気持ちよく働ける、暮らせる、ことを第一に考え、必要以上に動物を増やしたりして、そこで働く人間のクビをしめるようなことなきよう願います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by Rinharu1222 | 2018-11-23 19:36 | ブログアクセス