人気ブログランキング |

2019.10 ブログアクセス

いつも拙ブログにおいでいただき、有難うございます。
相変わらず、「乗馬クレイン」のアクセス数が多くて(笑)
過去記事、且つチカラを入れた記事にアクセス数が多いことは、正直嬉しいです。
私の願いとしては、「乗馬」に興味を持ってくれたり、「乗馬」をもっと身近に思って欲しいことです。

乗馬クラブの馬たちは、ほとんどが「競走馬」として成功しなかった子、または重賞レース(GⅠ、GⅡ、GⅢ)を勝っても、何らかの理由で種牡馬、繁殖牝馬にギリギリでなれなかった子達などです。

「種付け」→「出産」→「育成」→「入厩」→「試験」→「デビュー」

おおまかにこういう流れで、競走馬は「作られて」いきます。
最初から最後まで、膨大なお金と夢とたくさんの人たちの愛情が、1頭1頭にかけられます。
年間約7000頭が生産され、勝ち抜いて、寿命を全うできる子は、ほんの僅か。
「競走馬」としては成功しなくても、「乗馬」として成功する子はたくさんいます。
そして、ほとんどのクラブで会員様に可愛がられています。
自馬にしてくださる方もいらっしゃいます。
どんな素晴らしいご縁があるかわかりません。
命を繋ぐ場所、第2の馬生を安心して暮らせる場所が、ひとつでも多く増えればと思います。

そして、声を大にして言いたいこと。
「競り」や「庭取引」で、競走馬を購入したオーナーは、最後まできちんと面倒を見て欲しい。
生きる道筋を、きちんとつけてあげてほしい。そうじゃなかったら、真の「馬好き」とは思えません。
「走らない」からといって、「経済動物」として片付けないでほしい。彼らの命を簡単に奪わないで欲しい。

香港の大富豪オーナーののお話を、ネットで読んだことがあります。香港は馬の生産をしません。
ほとんど雄は「セン馬」として走らせています。
香港は限られた土地しかありません。
そのオーナーは、オーストラリアに土地を購入し、引退した自馬をそこで暮らさせている、と書いてありました。
オーナーの鑑です。こうあるべき、と思いました。


2019.10 ブログアクセス_f0250322_1056251.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by Rinharu1222 | 2020-01-17 10:55 | ブログアクセス


<< 2019.11.4 東北サファ... 2019.11.4 東北サファ... >>