ゆめちゃん、りんとはるに逢えましたか。

↓2008年5月下旬、我が家に辿り着いた頃・・・警戒心バリバリの頑張るお母ちゃん。
f0250322_21131158.jpg

↓2008年6月下旬、ゆめちゃんが産んだ子猫たち(白黒模様の「りん」、きじとらは「はる」、まだもう1匹の兄弟も元気だったね)は、薪小屋で遊んでいました。
f0250322_2113476.jpg

ごはんを運びました。
f0250322_21125932.jpg

↓そういえば・・・ゆめちゃんは、最初、ちゃっかりBFも連れて我が家にやってきたのです。
f0250322_21125225.jpg

この家の人間を信用していいのか?まだまだ、半信半疑のゆめちゃん。↓この写真も2008年6月下旬。
f0250322_21124659.jpg

↓2008年7月中旬、ゆめちゃん・・・お母ちゃん業をしっかりこなしつつ。でも、お疲れモードだったね。
f0250322_2112428.jpg

↓2009年お正月。小春日和。ちょっとづつちょっとづつ、ゆめちゃんの表情が優しくなってきました。
f0250322_21123593.jpg

冬になると、エンジンを止めたばかりの車のボンネットは、あったかぽかぽか。大きくなった「りん」「はる」そして、ゆめちゃん。
f0250322_21122861.jpg

田植えの季節に、苗代のチェックに余念がありません。
f0250322_21122248.jpg

今年は、いっぱいお米獲れるかな?我が家の田んぼを観察してくれています。
f0250322_21121726.jpg

みなさま、ゆめちゃんのこと想ってくださって、有難うございました。
f0250322_21121250.jpg


※家に帰ってくると、どうしてもゆめちゃんの写真を眺めている時間が長くなりました。
我が家に来た頃、りんはる兄弟が小さかったとき、お散歩に行ったり・・・
あっという間の9年。長かったようで短かった9年。
その歳月は、濃くて重い。そう思わざるえないぐらいの、ゆめちゃんたちとの想い出。
いつも元気で、アグレッシブで。しっかり母ちゃんで、可愛い女の子でした。
本当に可愛い女の子でした。

※正直、まだ、ぼんやりしています。
下ばっかり見て、歩いていました。
会社は仕方なく出勤。ゆめちゃんが亡くなったことと、「職場」は無関係。
何事もなかったかのように、淡々と業務は遂行していかなければならない。
頭ではわかっているのですが・・・自分に何度も何度も言い聞かせるのですが
ちょっと気が緩むと、涙が出てきてしまって・・・情けないばかりでした。
後輩の女の子が、「普通の状態じゃないんだから、早く帰りましょう。残業しなきゃならないですか?定時で帰りましょう」と。

「ただの、“ペットロス”でしょ?人が亡くなったわけじゃないんだから」
まだまだ、世間様からそう思われても仕方ないんです。まだまだ。
誰彼にも理解していただけるものではありません。
いつも誰かを「見送る」とき、ひっそりと・・ただひっそりと哀しみの淵を彷徨いながらも、オモテに出さぬよう・・出さないよう社会では過ごさなくてはいけません。
自然に下ばかりを向いて歩くようになり・・・それはある意味・・・自分の感情を隠すことでは最適な方法で。
でも、いつどのタイミングで、顔をあげていいのかわからなくなる。
下を向いて歩き続けることが、決して良いことではないのは知っているけど、「下を向いて歩き続ける」ことが「常態」となって、それが「らくちん」になって。
でも、「愉しい」気持ちを忘れてしまい。心も閉ざされ、何を見ても聞いても、何の感想も思考もなくなり、淡々と日常をやり過ごす日々。

応援していた馬が故障していて、福島県のリハビリ施設で療養していることを知り、3連休の初日、思い切って逢いに行ってきました。
なんとなくラジオをつけて、長距離運転をして、初めての場所に行ってみる。
馬に逢えたり、見学されていた方と長い時間お話したり、久しぶりに、「愉しい」という気持ち、感覚が少し戻ってきたように思えました。
私自身、「全快」ではないのですが、徐々に復活できれば、と思います。

※私信:北海道のよ~り~さんへ。
ご連絡をいただきましたのに、お返事できぬまま、申し訳ありませんでした。
今日は、台風大丈夫でしたか??
ご心配を有難うございました。ゆめちゃんのこと、想ってくださって有難うございました。
文面からよ~り~さんの素敵な笑顔が、私には見えました。その笑顔とパワーに励まされたような気がします。
よ~り~さん家の猫ちゃん、不自由な身体かもしれないけれど、「生きる」ことの後押しを、よ~り~さんご家族に後押ししてもらってパワーもらって元気に過ごせて、よ~り~さん家の子になって幸せです。
いろいろとお気遣いを有難うございました。
アース王子のところには行けていませんが・・・顔を忘れられないうちに行こうと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by Rinharu1222 | 2017-09-18 22:28 | | Comments(13)
Commented by いーちゃん at 2017-09-18 23:58 x
ゆめちゃんの写真、素敵です。
りんはるさんの愛情が感じれます。

『ただのペットロスでしょ?』って言う人もいるんですね。
私もただただ泣く毎日でした。ペットロスってこんなにつらいんだと、なった時に分かりました。

無理して笑ったりしなくて、いいですよ。
どうか、ゆっくり焦らず過ごしてください。
Commented by riakeatr at 2017-09-19 07:46
おはようございます。りんはるさん
お一人になったとき
我慢せずに泣いてください。

私も、4年前に愛猫を病気で亡くして
1年間はペットロス状態に
4年以上月日が経っても愛猫の面影を
追っています。
私にとって「愛猫」は大切な家族でしたから…

ゆめちゃんは、幸せでした。
下を向いて自分を心配していると
ゆめちゃん、とてもとても心配してしまいます。

ゆめちゃんは、りんちゃんとはるちゃんと
会って一緒にいて
りんはるさんの幸せを願い見守っています。

可愛いゆめちゃんファミリーのブログ
胸にしみて涙が出てしまいました。

前を向いて歩きましょう。
宇都宮の「アース王子」もりんはるさんを
「最近、来ないな~。」とかぺったんこしながら待ってますよ。
とっても可愛がってくれる人は
わかるらしいですから
王子もアクアと別れるとき、ウォンウォン
泣いていましたから
他の虎よりも心のある虎みたいですよね。
いつもブログ読んで応援しています。

Commented by よ~り~♪ at 2017-09-19 16:11 x
ゆめちゃん、見れば見るほど美人さんですね(^^)
もっともっと自慢話待ってます♪
私みたいに、動物を探して、ここを見つけて、きっと毎日毎日楽しみにチェックしているファンの人たちはたっくさんいると思います♡
りんはるさん、たくさん一緒にお話ししましょう(^^)


台風、バケツをひっくり返したような雨がずーっと降っていたので、さすがにドキドキしてあまり眠れませんでしたが、札幌近郊は大きな被害もなく一安心してます。
今はミサイルのほうが怖くて嫌です(T_T)
御心配ありがとうございます(^^)

Commented by tamaki at 2017-09-20 08:11 x
警戒心でいっぱいのゆめちゃんのお顔が、どんどん穏やかなお顔になって、優しいママのお顔、とっても可愛いお顔になっていきましたよね。
「ここのお家に来てよかった」ってゆめちゃんはそう思ったでしょう。
かけがえのない子を失った悲しみは、何度経験しても辛いもの。
体の一部をもぎ取られたような。。。
心がどこかへいってしまったような。。。
でも、ペットを飼っていない人にとっては理解できないことなのかもしれないですね。

昨日、TVを観ていたら、キョンキョンが愛猫が仕事に行っている間に亡くなっていた話をされていて、「あなたに会えてよかった」を歌っていました。
それを聞いて、涙があふれてきました。
アンも小梅もミミも、私はさよならをちゃんと言えなかったから。。。
だけど、「あなたに会えてよかった」って心から言える。。。
私達と同じように、にゃんたちも、もちろんゆめちゃんだって、そう思ってますよ。
りんはるさん、どうか心に無理はされず、でも、少しずつ愉しいって思えることができるといいですね。
アース王子にも逢いに行ってあげてください。
きっとアースのことだから、優しく慰めてくれると思います。
Commented at 2017-09-20 15:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Rinharu1222 at 2017-09-20 20:36
☆いーちゃんさん☆
こんばんは。
こちらの記事も有難うございます。
家に帰ってきては、ゆめちゃんの写真ばかりを眺めていました。
ゆめちゃんが、我が家に来た頃に・・・あの頃に戻りたい・・・・
そう思いながら、古い写真を眺めていて、その中からピックアップしました。

「ただのペットロス」・・言われたわけではないのですが
まだまだ、そういう風潮というか、空気感はあるなあ・・・って
漠然と感じています。

夜、家に帰ってくると、毎晩ゆめちゃんが走って来た方向を、見てしまいます。
いつもだったら、ここの場所にゴロンてしているのに・・・っていう場所を
見てしまいます。2週間前の今日が、生きているゆめちゃんに逢えた最後でした。
もう2週間、まだ2週間。
いつも有難うございます。
Commented by Rinharu1222 at 2017-09-20 20:57
☆riakeatrさん☆
こんばんは。
どんなに拙い記事でも、長い期間、毎回「いいね」を押してくださって
大変大変有難うございました。
コメントが入っていない記事でも、 riakeatrさんが「いいね」を押してくださっていると
「riakeatrさん、見てくださっている。読んでくださっている。良かった☆」と
励みにしていました。そして、いつかいつの日か、コメントもいただけたら嬉しいなあ、
と漠然と思っていました。

せっかくの「初めまして」のコメントが、「楽しい記事」でなくなってしまったこと・・・
ごめんなさい。
でも・・・ありがたかったです。嬉しかったです。
いつもいつも拙記事を読んでくださって・・ゆめちゃんを知ってくださっている方から
メッセージをいただけて・・・。
有難うございます。本当に有難うございます。

riakeatrさんもご家族に猫ちゃんが・・・。そうでしたか・・・。
昨晩も、寝る前にいろいろと思い出し、涙が出てきてしまいました。
大切な大切な家族ですものね。ちゃんと人の気持ちを感じ取り、ときに寄り添い
ときに甘え・・・人間よりも全然「偉い!」と思わせてくれること
たくさんあります。

せめて・・せめて・・・早世した子供たちに、「虹の橋」の向こうで
逢えていることを願うばかりです。
ゆめちゃん親子にとって、我が家での生活が幸せだったのか
楽しかったのか・・・わからないんですが・・・
もしこの先、またご縁があったら、どんな形であれ
生まれ変わって逢いにきてくれると嬉しいなあ、と思えるようになりました。

そうですね・・・。前を向いて。
ゆめちゃんが、尻尾をピンとあげて颯爽と散歩する姿は
凜として、ハンサムウーマンでもありました。
王子のところにも、しばらく行けていなくて・・・・
呼んでも、上目遣いでコチラをチラ見して
お返事を返してくれそうにもないような・・・・( ̄。 ̄;)

はい、アクアお引っ越しのあの日、王子は寂しくて寂しくて
アクア兄ちゃんを探して呼んでいました。
明太子さんと、ハロウィンの作戦考えてるかな・・・。
うまく、打ち合わせすすんでるかな・・・。
Commented by Rinharu1222 at 2017-09-20 21:18
☆よ~り~♪さん☆
こんばんは。
ちゃんとご連絡ができていなくて、申し訳ありませんでした。
王子のところにもしばらく行けていなくて・・・
秋晴れの空の下、こっそり、静かに王子に逢いに行ってみます。
いつもいつも有難うございます。
恵庭の大会、福岡のお友達、台風は大丈夫でしたか???
(恵庭は駅前のステーションホテルを2回ほど利用したことがあります)
関東を去った台風がまっすぐ北海道に行ったので、恵庭の大会どうだったかなあ・・・
開催されたかな?福岡のお友達、飛行機大丈夫だったかな?と
天気予報を見ていました。

ミサイルは、本当に失礼しちゃいますよね!
日本・・・北海道上空を飛んでいくとか!
また機会があれば、来栃お待ちしています!
Commented by Rinharu1222 at 2017-09-20 21:45
☆たまきさん☆
こんばんは。
いつもいつも有難うございます。お母様のお引っ越しが無事に済んで何よりです。
たまきさんのお家から、少し遠くなってしまいましたが
これからの季節、電車に揺られてチャコちゃんに会いに行くこと・・
プチ旅行ですね。

会社から家に帰ってきては、夜な夜な、ゆめちゃんの写真を眺めている時間が多くなりました。
9年前・・・みいととらにゃが逝ってしまって、猫の家族がいない時間が寂しかったです。
普通、自家用車を運転する人は、自分の車に猫が乗って足跡がついたり
ひっかき傷ができたりするのを嫌がりますが、私は全くの逆でした。
当時の黒紺色の車に足跡ひとつつかず、綺麗なボンネットを見ては
悲しくなることもありました。
でも、ゆめちゃん親子が来て、半年後にとらたろうが来て、車のボンネットに
「猫の足跡」がつくようになり、なんだかとっても嬉しかったことを思い出します。
1枚、その写真を入れました↑

Commented by Rinharu1222 at 2017-09-20 21:45
☆たまきさん☆
追記

家に来たばかりの頃は、険しい表情のゆめちゃんです。
子猫を抱え、その日を暮らすのに精一杯・・・懸命に生きている表情です。
人を見ると逃げていたので、やはりどこかで人から嫌な思いをさせられていたと思います。
家に来て1年を過ぎる頃には、穏やかな顔つきになりました。
親子が幸せだったかどうかわからないけど、私は・・私は・・楽しかったです。
再び、猫が家族になったってことが、嬉しかったです。
お別れは、とてつもなく・・・とてつもなく・・・感情がなくなるぐらい
辛いです。辛いです。

たまきさん家の子たち・・・私も会ったことがある子たち・・・
お茶目でかわゆくて・・・梅ちゃんのお散歩、今でも目に焼き付いています。
長毛さんで、かっこよかった。ミミちゃんも人見知りせず、遊んでもらいました。
みんな向こうで、家の子たちに逢ってくれているかな・・・
仲良くしてるかな・・・。ありがとう。

「あなたに逢えて良かった」
そうですね・・・。ゆめちゃん親子はどうだったのかな・・・。そう思ってくれてたら嬉しいけど・・・
私は・・少なくとも私は、逢えて良かったです。
撫でてくれていいよ?と、ゆめちゃんがゴロンと転がったときに
彼女のご所望の場所じゃないと、がぶっとされることがありました。
ふざけて、ひっかくこともありました。
2週間以上前にそんなことをされて、傷があったはずなのに、直ってしまったこと・・
今、気がつき、また寂しさが襲ってきました。
もう2週間、まだ2週間。
今日から、秋のお彼岸なんですね・・・。

たまきさん、ありがとう。
Commented by Rinharu1222 at 2017-09-20 21:56
☆2017.9.20.pm3:57の鍵コメさん☆
こんばんは。
お悔やみを有難うございます。
7月にケンジ先生に診てもらって、インターフェロンの注射を3日間連続で打ち、完治しました。
食欲も運動量も元通りになり、いつもの元気印のゆめちゃんでした。
このような形で彼女を送らなくてはいけなくなったこと・・無念です。

私も時間無制限で見学できる施設であれば、1日そこで眺めています。
鍵コメさんと同じことをします。
静かな時間。風の音と、遠くに車が走る音。たまにカラスが鳴いてみたり。
大切な時間ですもの。私はそういう時間が、空間が大好きです。心落ち着きます。
コメントを拝見して、その施設のページを見たらいつの間にか「要確認」なのですね!
どういった理由で、こうなっちゃったんでしょうか・・・。
アブがいなくなって、これからが放牧の1番良い季節だというのに・・・。
情報を有難うございました。

Commented by みけ猫 at 2017-09-21 17:50 x
ゆめちゃん、やっぱり美にゃんさんですよね~(=^・^=)

今頃天国でゆめちゃん親子やりんはるさんが愛したにゃんこズ達は仲良く遊んでると思います。
我が家の天国にいったにゃんこズも一緒に仲間にいれてもらえてるかしらね~
にゃんて…時々猫天国を想像します。

ペットじゃなくて家族なんですよね。

また時々遊びに来ますね(^_-)-☆
Commented by Rinharu1222 at 2017-09-21 21:31
☆みけ猫さん☆
こんばんは。
いつも有難うございます。
今晩家に帰ってきて、車を降りたときに、白い猫が東から歩いてきたので
「あ、まおちゃんか・・・」と思ったのですが
倉庫の外灯をつけたら、西からまおちゃんとましゅうがやってきて・・・
「あれ?じゃあ、東から歩いてきた子って誰?ゆめちゃん!?」

実は、毎晩、ましゅうはごはんどきに、ゆめちゃんに必ず怒られていて
ので、ゆめちゃんがいるときには、ごはんのお皿から少し距離を置いたところで
まおちゃんと、ちんまり待っていました。
ゆめちゃんが逝ってしまったあと、ましゅうはごはんのときに、
「ごはん!ごは~~~ん!」って、毎晩、近づいてきて待ちきれない様子になりました。

それが、今晩に限ってゆめちゃんがいた頃のように、
まおちゃんの近くでちんまりしていて・・・・
「やっぱり、ゆめちゃんが来たのかな?」と思わざるえなかった光景でした・・・。

すみません、余談でした。
お彼岸に入ったんですよね。
みけ猫さんのお家の猫ちゃんたちと、みんなみんな仲良くわいわい賑やかに
遊んでいるといいなあ・・・。
ゆめちゃんのこと、褒めてくださって有難うございます。

私もみけ猫さんのブログ楽しみにしています。


<< チャンスは必ずやって来る! 「夢」を運んできてくれたから、... >>